04-2934-5292

MENU

CLUB BLOGクラブブログ

男子バスケットボール部

  • 男子バスケットボール部2018.11.11

    平成30年度バスケットボール西部支部新人大会 結果報告

    東野高校の男子バスケットボール部は平成29年度の春季大会から実に1年6か月もの間、公式戦の勝利から遠ざかっていました。

    そろそろ勝利を掴みたい頃。

    結果は・・・

    11月3日(土) 1回戦 vs日高高校  67-55 ○

    11月9日(金) 2回戦 vs川越南高校  52-108 ●

    念願の「初戦突破」は達成できました!

    しかし、2回戦の壁が高い・・・

    次の大会はしばらく先の4月。

    6か月後には1段も2段もレベルアップしたチームになれるように精進していきます!

    男子バスケットボール部の練習体験会を12月15日(土)9時半から本校内で行います。

    くわしくはこちらをどうぞ

     

  • 男子バスケットボール部2017.11.13

    平成29年度バスケットボール西部支部新人大会 結果報告

    全国の部活動に励む高校生にとって非常に大事な大会、新人大会の1回戦が11月4日(土)に行われました。

    相手校は飯能高校。

    過去の結果を見ても非常に力のあるチームで、こちらも万全の対策・準備をして臨む必要があり、組み合わせが決まってから約1か月間、まずは初戦突破を目標にチーム一丸となって練習に励んできました。

    大事な大会の初戦ともあり、緊張感の高まる中で試合開始。

    いつもとは違う慣れない雰囲気の中で思うように足が動かず、序盤からファールを連発。

    それによる焦りも影響してオフェンス面もチームとしてうまく機能していない状態が続いてしまいました。

    対する飯能高校は常に落ち着いており、終始自分たちのテンポでバスケットを続けていたと思います。

    終わってみれば53-94、、、完敗でした。。

    オフェンス面もディフェンス面も、そして何よりメンタル面。相手の方が1枚も2枚も上手でした。

    ただ選手たちはよくやってくれました。

    練習でやってきたことが成功した場面が多々ありました。これは大きな収穫です。

    ファールが多発してしまったこと。

    これは選手が何とかして守ろうとした証拠です。

    どこまでが大丈夫でどこからがファールなのか。ここら辺を教えてあげられなかったことは指導者としてとても責任を感じます。。。

    その他様々な反省点が生まれました。

    次の大会はしばらく先。5月に行われる関東大会予選ですが、この悔しい気持ちを切らさずに練習に励み、半年後、今回のこの大敗が意味のあるものだったと言えるようにチームとして成長していこうと思います!

     

  • 男子バスケットボール部2017.08.30

    平成29年度バスケットボール西部支部大会 結果報告

    PHT-2772_type_A

    8月23日、西部支部大会の1回戦に臨みました。

    この大会は、6月に3年生が引退してから新チームとなって最初の本格的な大会です。

    各チームが夏の厳しい練習を乗り越え、個人としてもチームとしてもどれだけレベルを上げることができたのか試す時です。

    また、10月に行われる新人戦のシード枠を決めるという意味でも重要な大会となっています。

    相手は城西大川越高校。

    試合開始序盤からお互い一進一退の攻防が続き29-29の引き分けで前半を折り返しました。

    ところが後半開始早々こちらのミスが目立つように。。。

    そこで10点離されてしまいそのまま試合終了。

    53-64で初戦敗退という結果となってしまいました。

    昨年度の新人戦1回戦で延長戦までもつれ込んだ結果辛勝した相手でもあり悔しさが残りますが、この悔しさをバネに今回見えた課題を修正して、さらなるレベルアップを目指して練習に励みたいと思います。

    10月の新人戦の目標は県大会出場です!

    東野バスケ

     

     

     

TOP