04-2934-5292

MENU

LEARNINGお知らせ

ニュース

2013.09.30クラブ活動

400m、200mで関東選抜新人陸上選手権に初名乗り ― 陸上部

9月25日〜27日、熊谷スポーツ文化公園にて「埼玉県新人陸上選手権大会」が行われました。
本校から部長の鈴木萌選手が走高跳に、ウォルシュ ジュリアン選手が200mと400mに出場。

ウォルシュ選手が200mと400mにおいて10月19・20日に行われる「関東選抜新人陸上選手権大会」への
出場権を獲得しました。

j200大会最終日の200mで準決勝に出るウォルシュ選手。組1着で決勝進出し、関東選抜への初キップを獲得。

大会初日、ウォルシュ選手400mで2位

朝から雨、微風のグランドコンディション。
余裕を持った走りで予選組1着の50秒46で準決勝に進んだウォルシュ君、
決勝を意識しながら49秒18のタイムでトップ。

予選、準決勝と快調な走りで迎えた決勝、後半に苦しみながらも自己ベストを更新して48秒90。
堂々2位の成績で関東選抜への初キップを勝ち取りました。

春の県高校総体では出場することが精一杯だったウォルシュ選手の、
この半年間における躍進は目を見張るものがあります。

大会2日目、鈴木選手が走高跳で健闘

小島コーチの綿密な指導のもと、助走の課題克服に力を注いできた鈴木主将。
自己ベストタイの170cmをクリア、自己ベスト更新をめざし175cmに挑戦。
失敗を修正しながらトライを重ねたものの惜しくもクリアならず競技は終了しました。

とは云え、初めて県大会に出場し、緊張のなかでも最後まで諦めずにベストを尽くした姿は称賛に値します。
本格的な練習を始めて3カ月、これからの活躍が大いに期待できます。

taka大会2日目の走高跳で健闘する鈴木主将
 
j400400m準決勝トップのウォルシュ選手。
決勝第2位で関東選抜大会へ

大会最終日、ウォルシュ選手200m、6位 — 関東大会へ

大会最終日。ウォルシュ選手が200mに出場しました。
朝から涼しい風が吹き、組によっては追い風と向かい風が入れ替わるコンディションでした。

予選から決勝を見据え準決勝まで着順重視の走りをしたウォルシュ君。
課題のスタートダッシュも朝のウォーミングアップで修正し、予選は組1着の22秒76、準決勝も組1着、
追い風参考ながら22秒03をマークしました。

決勝では果敢に21秒台を目指しましたが、初日からの疲れのせいか最後に失速し、
22秒22の6着となりました。

惜しまれる結果となりましたが、春からの成績を見る限り、とても大きな飛躍を見せてくれました。
これら2選手に限らず、東野高校陸上部の選手たちは着実に力を伸ばしています。

今後、更なる成長を期待したいと思います。多くの皆様の応援をよろしくお願い致します。

(武井顧問レポート)

TOP