04-2934-5292

MENU

LEARNINGお知らせ

ニュース

2019.04.18学校行事

防災訓練を行いました――対面式も <18日>

2019年度1回目の防災訓練を18日、校内で実施しました。

関東地方に大地震が起きたという想定で一斉放送が流れ、揺れが収まってから生徒たちはあらかじめ指定されている校内2か所に分かれて集まり、最後は総合(人工芝)グラウンドに集合しました。

/
/

北村陽子校長が講評。
「地震発生から集合して全員の点呼が終わるまでの時間は、生徒数が増えたにもかかわらずほぼ昨年並みで、まずまずでした。ただ、真剣に訓練に取り組めたかどうか、自分がどう行動したか、改めて振りかえってみましょう」

「災害は想定外のことが起きます。今池の清掃のために水がありませんが、数年前には大雨で池の水が中央広場、グラウンドまで水浸しになるということがありました。連休中、いい機会なので、家族間でいざというときの連絡方法をどうするかなど、話し合ってください」

対面式も行いました

訓練後は1年生と在校生2、3年生の対面式がありました。

グラウンドで生徒が向かい合い、新入生を代表して山﨑蒼未さんがあいさつ。
「建学の精神に『知識は第一の宝』とあります。知識なしには夢は実現できません。学業に集中して取り組み、自分の夢に近づいていきたい。部活では人間関係の大切さ、目標に向かって努力することの大切さを学びたい」

/
/

在校生を代表して竹下好さん(2年)が歓迎の言葉を述べました。
「みなさんは局面打開という言葉を知っていますか。困難にどう立ち向かうかが重要です。失敗を恐れず挑戦してください。目標を定め、仲間といっしょに高めあってください」

式の最後に北村陽子校長が今年度着任した教員を紹介しました。

TOP