04-2934-5292

MENU

LEARNINGお知らせ

ニュース

2013.09.28学校行事

第29回 文化祭(盈華祭)が盛況裡に幕を閉じました。

好天に恵まれた9月21日(土)/22日(日)の両日、第29回文化祭(盈華祭)が行われました。
「一祭入魂」をキャッチフレーズに、生徒たちが魂を込めて創り上げた今年の盈華祭。
入場者も多く、特に2日目の日曜日は近年稀に見る大盛況となり、来場者が2,000名を超えました。

_DSC38502,000名を超える来場者を迎えた盈華祭(2日目)の様子

玄関道には各団体が制作したパネルが立ち並び、正門の壁には美術部制作「模写絵」が来場者を歓迎します。
正門をくぐると中央広場へ。趣向を凝らした出し物が並び、人気の模擬店には途切れることのない長蛇の列。
大講堂の外壁にはお馴染みの「巨大絵画」が掲げられ、講堂ステージでは演劇部の上演、ダンス部発表、
吹奏楽部の演奏が繰り広げられました。

_DSC4008_hpパネルが立ち並ぶ正門への道kanban各団体が制作したパネルmogi優秀賞を受賞したホットサンド模擬店

engeki特別賞を受賞した演劇部
『赤と黒とオオカミと』上演
_DSC4021_hp新たな趣向を凝らした
吹奏楽部の演奏
_BSC5138_hp躍動感と感動に包まれた
ダンス部の発表

_DSC4005正門の壁に掲げられた美術部制作
「模写絵」が来場者を歓迎
_DSC3845_hp大講堂に掲げられた「巨大絵画」では
海外修学旅行先のマーライオンが…
_DSC4004_hp多目的ホールに掲げられた
美術部制作の模写絵

また、広大な校地を活用した「トレジャーハンター」やオリジナルドラマ、ショートムービーの公開、
初の海外修学旅行(シンガポール・マレーシア)に向けての事前研究発表やマーライオン模型の展示など、
独創性を追求した多彩な企画が目立ちました。

“華やかで楽しい祭”(Entertaining Festival)から、若者の発想力を集結させた創造性豊かな
“文化の祭”(Interesting Festival)へと変容しつつある盈華祭。

心なしか祭りのあとの淋しさを漂わせながら幕を閉じました。
「みんなの記憶に残ってほしいと思います!」と閉会式で語った実行委員長の言葉通り、
協力・協働のもと創造された最大のイベント文化祭は、生徒たちにとって生涯記憶に残る
最高の思い出の1つとなるでしょう。

(鬼嶋 HP委員長レポート)

_BSC5736_hp_1開会式の壇上で「みんなの記憶に残ってほしいと
思います!」と語る実行委員長
_BSC5705_hp_1優秀賞の受賞で歓喜に湧く3年1組の生徒たち
 

閉会式で3団体を表彰

22日(日)午後5時より閉会式が行われ、学校長の講評のあと次の3団体が表彰されました。

優秀賞 展示制作部門 3年3組 トレジャーハンター
優秀賞 模擬店食品部門 3年1組 ホットサンド
文化祭実行委員会 特別賞 演劇部 『赤と黒とオオカミと』

_BSC5701_hp「トレジャーハンター」で展示制作
部門の優秀賞を受賞する3年3組
 
_BSC5709_hp「ホットサンド」で模擬店食品部門の
優秀賞を受賞する3年1組
 
_BSC5713_hp「赤と黒とオオカミと」上演で
文化祭実行委員会特別賞を受賞する
演劇部

中央広場で「第16回 入間市民音楽祭」

― 入間大田楽(だいでんがく)を公開 ―

22日(日)午後、本学園を会場に第16回 入間市民音楽祭(主催: 同実行委員会 / 協賛: 盈進学園東野高校 /
後援: 入間市教育委員会)が開催され、【第8回 入間大田楽】が公開されました。

_BSC5589_hp_1午後より本学園を会場に公開された【第8回 入間大田楽】の様子

体育館前を起点に老若男女50名近くの田楽法師の一行が太鼓橋を渡り、
中央広場に登場。笛・タムなどに合わせて、多彩な踊りや舞いを繰り広げ、クライマックスは全員による乱舞へと。

入間市教育委員長や教育長などの来賓をはじめ、大勢の観客が見守る中、
絢爛で勇壮な演技に会場は熱気と拍手と歓声に包まれました。

_BSC5408_hp太鼓橋を渡る田楽法師の一行_DSC3890_hp多彩な踊りや舞いで観客を魅了_DSC3951_hp最後に挨拶する伝統芸能部の生徒たち

「大田楽(だいでんがく)」とは
中世、京の都を中心に一世を風靡しながらも消滅した「田楽」という幻の芸能がありました。
「大田楽」は、この「田楽」の持つ演劇としてのエネルギーはそのままに、日本各地の伝統芸能や音楽、
さらには西洋の動き、音楽も取り入れながら、新たに現代に生きる演劇として、
野村万之丞(1959ー2004)が創作したものです。
(実行委員会制作チラシより)

TOP