04-2934-5292

MENU

LEARNINGお知らせ

ニュース

2013.11.12お知らせ

体育館の耐震補強、並びに改修工事(第1次)が始まりました。

本学園の木造建造物は竣工当時、戦後最大の準木造建築として建築界では有名でした。
学内のいずれの建物も米国人建築家C. Alexanderの設計(パターンランゲージ様式)による
ポストモダン風の建造物です。

体育館は大講堂に次ぐ学内で2番目に大きい建築物であり、
池の最南端の小島に浮かぶような佇まいのユニークな建物です。

因みに、1985年当時、木造建築による大空間設計は、原設計の空間クオリティを維持するために、
建築センターの評定が必要だったと云われます。

このたびの工事は、経年によって生じた外壁や柱などに見られる劣化・腐食状態を綿密に調査した上で
行なうものであり、当建造物の設計コンセプトを保持しながら問題箇所を補強・改修し、
安全性・耐久性の維持向上をさせることを目的にしたものです。

第1次 工事対象

体育館(1985年3月29日完成)の主に北面部分の改修

工期

2013年11月8日~12月28日

工事概要

■仮設工事  ■解体工事  ■木工事  ■鋼製建具工事
■左官工事  ■板金工事  ■金物工事

11月8日 体育館 北面足場11月8日 体育館 北面足場11月8日 体育館北面 内部足場(小体育館)11月8日 体育館北面 内部足場(小体育館)

11月9日 体育館北面 内部養生(小体育館)11月9日 北面 内部養生(小体育館)11月11日 足場仮囲い養生設置11月11日 足場仮囲い養生設置11月11日 足場仮囲い養生設置11月11日 足場仮囲い養生設置

TOP