04-2934-5292

MENU

ABOUT SCHOOL学校生活

施設・環境

img

1925年創立の盈進学園(盈進初等学校)を設立母体として、1985年埼玉県入間市の高台に誕生した「東野高等学校」。
デザインはパターンランゲージで知られた米国人建築家 Christopher Alexander によるもの。
大講堂に代表されるポスト・モダン風の20棟以上の教室・施設は他に例を見ません。
そのユニークな建築様式とともに、64,786.89m²(約2万坪)に及ぶ自然を生かした広大な校地と教育環境はそこに集う人々を魅了します。

  • 夜間照明完備
    人工芝 総合グラウンド

    img

    国内初のエデル社(オランダ)の人工芝(FIFA認定品)を採用。夜間照明を完備し、15mの防球ネットを設置しています。

  • Study House 21

    img

    2013年に竣工した新棟『Study House 21』には最新鋭のStudy Hall(学習室)が整備されています。
    生徒一人ひとりが使用できるノート型PCを机に格納。電子ボードを活用した生徒・教師間のインタラクティブなデジタル学習を展開しています。

  • 大講堂

    img

    入学式や卒業式、学年集会など節目となる活動が行われています。弓道場やトレーニングルームも併設されており、放課後は活発な部活動の場を提供しています。

  • 図書室

    img

    図書室には約35,000冊の蔵書があり、特別な資料として安野 光雅文庫があります。
    自学独習に多くの生徒が利用しています。

  • 教室棟外観

    img

    1教室ごとに少し作りが違い、木の床で落ち着いて授業を受けることができます。
    2011年度には黒板に代わり、ホワイトボードが設置されました。

  • 正門外観

    img

    本校の建築思想「パターンランゲージ」を象徴的に表した正門。
    中央通路にはデジタルサイネージ(大型ディスプレイ)が設置され、最新情報の提供などに活用されています。

  • 体育館

    img

    木造体育館として、木のあたたかみを感じなから、競技に取り組めます。
    池側の大きな窓から、やわらかな陽射しが入る2階は剣道場として使われています。

  • 武道場

    img

    開放感のある高い天井と両サイドの窓から優しい光が射しこむ武道場。

  • 全天候型テニスコート

    img

    砂入り人工芝の4面コートで、常にベストな状態でテニスを満喫することができます。
    公式戦の会場としても数多く使われています。

  • 食堂

    img

    天気の良い日には、食堂前の芝生で昼食を食べる生徒も多く、日常の中で自然と触れ合う機会が多いことも本校の特徴のひとつです。

  • 第一の門

    img

    城門のような東野高校の玄関口。はためく校旗が来校者を暖かく迎え入れます。
    2013年には校名石碑が新たに設置されました。

  • 西棟

    img

    美術室などの専門教室はキャンパス奥の西棟に配置され、静かな環境の中で集中して授業に取り組むことができます。

  • 音楽室

    img

    大講堂の隣に位置する音楽室棟には、第1音楽室と第2音楽室があります。
    窓の外には池が広がり、光と音のゆらぎが創造性を刺激します。

  • 中央広場

    img

    2011年度にインターロック舗装を施し、雨の日でも滑りにくくなりました。
    また段差の解消や照明の増設など安全面に配慮したバリアフリー化も進んでいます。

TOP