04-2934-5292

MENU

COURSE コース紹介

世界に深い関心を持つあなたへ

INTERNATIONAL I CLASS

特進コース インターナショナルIクラス

英語が話せれば、英語で伝えられれば、
運命はきっと変えられる――

  1. 9〜10時間もの
    英語授業
  2. オリジナルテキスト
    活用
  3. 多彩な語学研修

あなたの今とあなたの未来が、世界へのトビラにつながる東野高校のインターナショナルIクラス。ただほかより多く「英語を学ぶ」だけではなく、英語を学びながらそれを実際に使う場面を数多く繰り返すことで、頭と心にじっくり染み入らせるように英語を、世界を自分のものにしていきます。多彩な海外研修のチャンスがあるのは、まさにインターナショナルIクラスだからこそ。気軽にチャレンジできる校内留学から半年~1年間の本格的な長期留学まで、同じ志を持つ仲間と一緒に楽しみながらステップアップして、あなただけの"世界へのトビラ"を開いていこう!

I CLASS CURRICULUM

Iクラスの学び

東野独自の英語メソッドで使える
英語の力を育成

独自に開発した英語学習メソッドを使用して本当に使える英語を習得し、大学進学はもちろん、社会へ巣立ったあとも国際的に活躍できる力を育成するインターナショナルIクラス。オリジナルのテキスト・カリキュラムで4技能を鍛えるとともに、各種英語検定の取得や3年間継続して世界とつながる多彩なプログラムを用意しています。

MESSAGE from STUDENT

英語力をさらに磨き、アメリカの大学進学をめざします

特進コースIクラス|2年|飯塚優杏|女子サッカー部・英語部|入間市立藤沢中学校出身

Iクラスは英語を学ぶ意欲のある生徒が集まり、刺激し合って力を伸ばしています。ネイティブの先生が担当する授業も多く、リスニング力やスピーキング力が鍛えられます。また、英語を使ったプレゼンテーションでは発信力や表現力、人前で話す力がつき、「多文化理解」の授業では世界のニュースに触れて、視野が大きく広がりました。今後は、アメリカの大学進学を目標に、さらにがんばりたいと思います。

カリキュラム 1年
[37単位]
2年
[37単位]
3年
[37単位]
国語総合 6
国語表現 3
国語演習 4
現代文B 4
古典B 4
世界史A 2
世界史B △ 4 △ 6
日本史A 2
日本史B △ 4 △ 6
世界史演習 ◆ 2
日本史演習 ◆ 2
現代社会 3
政治経済 4
数学Ⅰ 4
数学Ⅱ 3
数学A 2
生物基礎 2
化学基礎 2
地学基礎 2
体育 3 2 2
保健 2
音楽Ⅰ 2
コミュニケーション英語Ⅰ 4
コミュニケーション英語Ⅱ 4
コミュニケーション英語Ⅲ 4
英語表現Ⅰ 2
英語表現Ⅱ 3 2
英語演習 3
higashino special 2 2 2
多文化理解 2
時事英語 1
家庭基礎 2
社会と情報 2
総合的な探究の時間 1 1 1
ホームルーム 1 1 1

※教科で △ ◆ の同一記号を付す科目は、その中から1科目を選択

STUDY ABROAD

語学研修・留学制度

学ぶ、使う、そしてまた学ぶを繰り返し、本物の英語力を育てる

3年間で数多くの語学研修・留学のチャンスを用意しています。学んだ英語を本場で実践し、そこで感じたことをまた帰国後の学習に活かしていく――。Trial and Error(試行錯誤)とAdjustment(調整)を繰り返すことで、確かな力となってあなたの未来を照らす手助けとなる語学研修・留学制度。臆せずチャレンジする実力と気概を育てます。

Iクラスの進路指導

「高い英語力と国際感覚を身につける」という明確な方針のもとで授業を展開するIクラスでは、進路指導も語学系・国際系学部を中心に行います。目標は国公立大学やGMARCHなどの難関私立大学、そして海外の大学です。一般的な受験対策に加えて、大学によっては英語外部検定試験のスコアが必要であったり、志望理由書やエッセイの提出が求められることもあるため、一人ひとりにきめ細やかに対応することで、すべての生徒の希望が叶うように指導していきます。

  • 進路イベント
  • 学力向上システム
  • 模擬試験
  • 第一志望校宣言

海外大学進学協定UPASに加盟

UPAS(ユーパス) = University Pathway Admission Service
アメリカを中心とした欧米約70校の設ける各大学の成績基準を満たすことで、本校からの推薦をもって協定大学へ出願できます。生徒の向上心や学習意欲が重視され、合格基準は各大学の一般出願枠より低く設定。英検2級合格かつCSEスコアが2150以上から入学できる大学もあります。

その他の取り組み

東野では年2回の英語検定に全生徒が挑戦します。受検前1週間は「英検週間」として、通常の授業は午前中のみとなり、午後は受検する級別に対策授業を実施。過去問や演習問題に取り組みます。1次試験合格者に対しては2次試験対策として外国語科教員による模擬面接も行います。Iクラスは高1で準2級、高2で2級、高3で準1級取得をめざします。

東野高校のIクラスが紹介されました

ニュージーランド長期留学派遣制度帰国生徒座談会