04-2934-5292

MENU

CLUB BLOGクラブブログ

男子バスケットボール部

  • 男子バスケットボール部2022.07.17

    ウィンターカップ2022 第1回戦

    7月16日(土)に狭山経済高校と対戦しました。

    新体制となって、初めての大会となります。

    是非、初陣を勝利で飾りたいところです。

    試合前に気合を入れて、初戦に臨みました。

    1

    2

     

    序盤はお互いなかなか点が入らず、差が広がらない展開となりました。

    狭山経済のディフェンスが硬く、思うようなオフェンスができません。

    3

     

    新体制になって新しく練習に取り入れているディフェンスも試しますが、うまくはまらず、逆にこちらのディフェンスを掻い潜られてしまうことが多かったです。

    5

    4

     

    リバウンドやパスカットで、ボールを取られてしまう場面も多くなったために、得点する機会が減ってしまい、逆に、カウンターで攻め込まれて失点してしまうことが目立つようになってしまいました。

    6

     

    後半も同じような試合展開となってしまい、追いつくことができず、試合終了となってしまいました。

    7

     

    試合結果は以下の通り。

     

    第1ピリオド:東野6‐16狭山経済

    第2ピリオド:東野13‐15狭山経済

    第3ピリオド:東野5‐21狭山経済

    第4ピリオド:東野19‐21狭山経済

    合計:東野43‐73狭山経済

     

     

    新体制の初戦は勝利を勝ち取りたかったですが、残念な結果となってしまいました。

    次の大会は8月に行われる予定で、次の大会こそは初勝利できるよう頑張って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

  • 男子バスケットボール部2022.07.07

    7月31日(日) 練習体験会を行います!

    すでにホームページにて予約が開始されている7月31日(日)第2回学校説明会において、男子バスケットボール部では練習体験会を予定しています。

     

    当日の時程は以下の通りです。

     

    9:00~ 受付開始

    9:30~10:00 学校説明会

    10:20~12:00 練習体験会

    12:00~ 顧問との個別相談(当日希望制)

     

     

    練習体験会参加までの流れは以下の通りです。

    ①ホームページ上の第2回学校説明会の予約フォームへ進む。

    ②必要事項の内、「興味のある項目」で【6】を選択し、「【6】運動部を選んだ方」において『男子バスケットボール部』を選択する。

     

    danbasu

     

    ③以上の選択をし、予約をされた方に順次顧問よりご連絡を入れさせていただきます。

     

    すでに予約を済まされた方で練習体験会参加を希望される方は、男子バスケットボール部顧問 森田 までお問い合わせください。

     

    当日は、動ける服装・バスケットボールシューズ(体育館履き)・飲み物・タオル等をご準備ください。(体育館にて着替えていただきます。)

     

    多くのご参加お待ちしております!

     

     

    ちなみに…

    普段の男子バスケットボール部の活動に興味のある方は↓↓

     

    Screenshot_20220707-080431_2

     

    東野高校男子バスケットボール部公式インスタグラムをチェックしてみてください!

    たくさんのフォローよろしくお願いします!

  • 男子バスケットボール部2022.06.10

    学総大会兼全国総体西部支部予選 第2回戦

    6月10日(金)に川越東高校と対戦しました。

    川越東高校は強豪校で、もし、この試合で負けてしまうと、3年生にとっては最後の試合になってしまうため、かなり厳しい試合となりますが、一矢報いたいところです。

    試合前に気合を入れて、大事な一戦に臨みました。

    1111

    2222

     

    幸先良く、キャプテンを含む3年生2人の3ポイントシュートが連続で入り、リードします。

    3333

    4444

     

    しかし、これを機に川越東高校にギアを入れさせてしまったのか、この直後から、実力の差をまざまざと見せつけられることとなります。

    川越東高校の猛攻に東野高校は防戦一方となり、3人がディフェンスに入っても止められずに失点してしまう程、相手のオフェンスが激しく、東野高校は必死でディフェンスをしますが、立て続けに失点してしまいます。

    5555

     

    パスカットされる場面も多く、なかなかフロントコートにボールを運ぶことができず、シュートを打つ機会が極端に少なくなってしまい、こちらのシュートはそれ以降入らず、結局、第1ピリオドは最初に入った2本の3ポイントシュートのみの得点となりました。

    6666

     

    残念ながら、第1ピリオド終了時点で、勝敗がはっきり分かる程の得点差となってしまい、第2ピリオド以降も差が広がるばかりの試合展開となってしまいました。

    前回の試合同様、終盤では、普段試合になかなか出る機会がなかった3年生も試合に出て、3年生全員で高校生最後となる大切な試合を締めくくることができました。

    7777

    8888

     

    試合結果は以下の通り。

     

    第1ピリオド:東野6‐41川越東

    第2ピリオド:東野9‐26川越東

    第3ピリオド:東野23‐34川越東

    第4ピリオド:東野8‐27川越東

    合計:東野46‐128川越東

     

     

    試合後、3年生はもちろんのこと、3年生と一緒に試合に出た2年生も目に涙を浮かべたり、感慨深そうな表情をしたりして、試合会場を後にしていました。

    振り返ってみると、この代に変わったばかりの頃は、頼りなく本当に大丈夫なのかといつも心配していました。

    しかし、半年が経って、年末年始頃から練習に対する姿勢が変わり始め、いつの間にかとても頼もしくなっており、ほとんどの3年生が3年間しっかり部活を続けてくれて、今までの代で一番多く勝ってくれた代となりました。

    そういった普段の練習や試合へのひた向きな姿勢や態度は間違いなく、先輩の後ろ姿を見続けてきた後輩に引き継がれ、より一層、部としてのレベルを引き上げてくれることと期待しています。

    ここまで部活を強くしてくれて、本当に感謝しています。

    3年生のみんな、どうもありがとう。

  • 男子バスケットボール部2022.06.05

    学総大会兼全国総体西部支部予選 第1回戦

    6月5日(日)に狭山工業高校と対戦しました。

    狭山工業高校とは、1つ前の代で公式戦2回連続で対戦し、どちらも敗戦してしまった相手です。

    もし、今回の試合で負けてしまうと、3年生にとっては最後の試合になってしまうため、代は変わりましたが、3度目の正直で、今度こそはリベンジを果たして勝ちたい相手でもあります。

    1111

     

    序盤は互いに厳しいディフェンスで点がなかなか入らない状態が続きます。

    1点差、2点差のまま、点が入っても点を取り返されたり、逆転しても逆転し返されたりして、全く気の抜けない試合展開となりました。

    2222

     

    この苦しい展開の中、第1ピリオドの終わり際に、頼れるキャプテンの3ポイントシュートや、同じく頼れる3年生のシュートのお陰で、少しだけ点差が開いた状態で第1ピリオドを終えることができました。

    3333

     

    4444

     

    第2ピリオドに入ってから、エンジンがかかったのか、先程よりも点が入ることが多くなり、点差が10点以上開くようになりました。

    もう1人の頼れる3年生の3ポイントシュートも鮮やかに決まり、点を取られることはありつつも、第2ピリオドだけで30点も取ることができ、15点差をキープした状態で前半を折り返します。

    「1ピリオド30得点」は近年の東野高校男子バスケットボール部では最多得点となります。

    5555

     

    後半に入っても15点差はキープして、有利な状態のまま、試合を運んでいきます。

    次の代を担う2年生も豪快にシュートを決めていきます。

    7777

     

    終盤では、普段試合になかなか出る機会がなかった3年生も試合に出て、3年生全員で今回の大事な試合を勝ち切ることができました。

    8888

     

     

    試合結果は以下の通り。

     

    第1ピリオド:東野19‐13狭山工業

    第2ピリオド:東野30‐19狭山工業

    第3ピリオド:東野19‐20狭山工業

    第4ピリオド:東野14‐16狭山工業

    合計:東野82‐68狭山工業

     

     

    これで公式戦通算で2勝目となりました。

    今まで、どの代も通算1勝で終わってしまっていたので、今の代は通算で一番多く勝った代となります。

     

    第2回戦は6月10日(金)に川越東高校と対戦します。

    川越東高校は強豪校ですが、相手に食らいついていけるよう、次の試合までのわずかな期間もしっかり練習して頑張って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

  • 男子バスケットボール部2022.05.01

    春季高校選手権大会 第2回戦

    5月1日(日)に豊岡高校と対戦しました。

    豊岡高校は強豪校ですが、昨日のような試合展開になったり、シュートがたくさん決まったりすれば、良い試合になるのではないかと期待して、今回の第2回戦の試合に臨みました。

    111

     

    序盤から実力の差が明るみに出ます。

    まず、シュートを打たせてもらえないくらいディフェンスが厳しく、シュートを打つ機会が極端に少なくなったために、点が入らない状態が続きます。

    222

     

    逆に、相手に上手に攻められて、次々と失点をしてしまい、点差が広がるばかりという一方的な試合展開となってしまい、第1ピリオドだけですでに10点以上の差が付いてしまいました。

    333

     

    第2ピリオド以降も同じような一方的な試合展開となり、打開策を見出せないまま、試合終了となりました。

    444

     

    試合結果は以下の通り。

     

    第1ピリオド:東野11‐27豊岡

    第2ピリオド:東野6‐30豊岡

    第3ピリオド:東野8‐28豊岡

    第4ピリオド:東野8‐34豊岡

    合計:東野33‐119豊岡

     

    合計得点33点は、近年の東野高校男子バスケットボール部では最低得点で、昨日は最高得点を記録したばかりだったことも相まって、非常に悔しい敗戦となってしまいました。

     

    次の大会は5月末に行われる予定で、この大会が3年生にとっては最後の大会となります。

    1試合でも多く、3年生が試合ができるよう頑張って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

1 / 512345