学校法人盈進学園 東野高等学校

MENU

CLUB BLOGクラブブログ

陸上競技部

  • 陸上競技部2017.05.20

    【陸上競技部】埼玉県総合体育大会結果

    5/19~5/22の日程で行われた埼玉県総体に本校から個人種目で6名が出場しました。

    19日には女子長距離の小林選手が1500mに出場しました。4組目に走り、前半がスローな流れから後半に急にペースアップする苦手な展開でしたが、西部地区のタイムより自己ベストを更新し4.59.90でゴール。もっとタイムが狙えただけに次の3000mに狙いを切り替えました。

    また、この日は1年生の並松選手が女子走高跳に出場。西部地区では1m45と自己ベストを更新し、今回の県大会では更に高さを伸ばし、1m50を記録。前日まで研修合宿という厳しいスケジュールでしたがこの日は女子の頑張りが見えました。

    更にこの日は男子走幅跳に2年生の本多選手が出場。ここ数日の練習で助走に改善が見え、高記録を出しているだけに期待がもたれましたが、ファールの次に思い切りのあるジャンプがなかなかできず自己ベストの更新はなりませんでした。

    20日は前日の1500に続き3000mに小林選手が出場。朝から降る雨で冷え込み、長距離には悪くないコンディションでした。前半から積極的に集団で走り、中間ではロスがあったものの自己ベストを更新して10.30でゴール。二日連続の走りでしたが、秋に期待の持てる内容でした。

    同じくこの日には男子砲丸投に3年生の佐藤選手が出場。競技歴が浅いものの、堂々とした投擲を見せてくれました。以前、雨のコンディションでは大きく崩れたパフォーマンスでしたがきっちりと修正して3投してくれましたが、自己ベストの更新はなりませんでした。

     

    21日は男子走高跳。校内でもライバルの村瀬選手と片山選手が出場しました。地道に記録を伸ばす村瀬選手とここ一番で記録を上げてくる片山選手は自己ベストとなる1m85をクリアし、目標とする1m90に挑戦。どちらも全力を出し切っての跳躍でしたがバーが落ちてしまいました。秋には1m95を目標に頑張って欲しいと思います。

     

    連日多くの生徒、関係者の方々から応援をいただき誠にありがとうございました。今後も一歩一歩着実に前進しながら頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

    kenkobayashi

    kennamimatu

    satooush

  • 陸上競技部2017.05.02

    陸上競技部 埼玉県西部地区大会の結果

    4/19~21にかけて、埼玉県高等学校総合体育大会西部地区予選が行われました。

    各自が冬の練習成果を発揮して、1名でも多くの県大会出場を目指して頑張りました。

    初日は2年生の小林さんが女子1500mで自己ベストを更新する4.59.49で県大会出場を決めました。県大会では4.55を目指して欲しいと思います。

    また、同日2年生の本多君が男子走幅跳で6m16と自己ベストには遠い記録でしたが県大会へ進みました。県では是非とも自己ベストを更新してもらいたいところです。

     

    2日目は女子走高跳で1年生の並松さんが1m45の自己ベストで、1年生ながら県大会出場となりました。本番の大会では1m50を跳んで、夏の強化に入りたい所です。

    また、先日女子1500mを走った小林さんがこの日は女子3000mに出場。10.41.04のセカンドベストで2種目県大会へ。1500mよりも3000mの方が得意なこともあり、県では10.30を切りたい。

    そして、男子砲丸投では3年生の佐藤君が10m30の投擲で県大会へ。高校入学後、2年進級時からの入部でしたが、メキメキと記録を伸ばしています。県大会では自己ベストを超えて11mを期待したい。

    最終3日目は男子走高跳の2名、村瀬君と片山君が出場。当日はいつもの力が出せませんでしたが1m80と1m75という記録で県大会へ。本番では念願の1m90を跳んでもらいたい。

    その他、多くの部員が各種目に出場。自己ベストを大幅に短縮した生徒も多く、県大会に進めなかったとしても春のシーズンでは更に成長してもらいたいと思います。埼玉県総合体育大会は5/12~5/15の日程で熊谷陸上競技場にて開催されます。応援よろしくお願いいたします。

    seibu1年生の選手も出場しました!

  • 陸上競技部2017.03.21

    彩の森・入間クロスカントリーに出場しました

    3/19(日)彩の森・入間クロスカントリーに本校陸上部長距離ブロックが参加しました。

    ここ最近は単独でペースが刻めるよう各自ペースの練習が多かったので、その成果がどうでるか期待半分不安半分のスタートでした。結果を出してくれたのは1年生女子の小林選手。コンディションが中々上向かずに苦しい期間が続き、それでも練習を継続してきました。一時はトップスピードを出すこともできませんでしたが、ここに来て我慢の成果が出てきました。男子は成長著しい山内選手。ケガと紙一重のところを乗り越え、徐々にではありますが長い距離でも走れるようになってきました。

    いよいよトラックシーズンとしてこの冬の成果を全員に発揮して欲しいと思います。

    iruma3

    iruma4

    iruma1

    iruma2

    大会結果URL http://www.city.iruma.saitama.jp/sports/14709/014733.html

    *写真の写りこみ等、申し訳ありませんが削除依頼の場合御連絡ください。

  • 陸上競技部2017.02.14

    駅伝3大会の結果(奥むさし駅伝・八王子駅伝・西部地区新人駅伝)

    1/29に行われた奥むさし駅伝に出場しました。目標は昨年の記録を超えることでしたが、練習が上手く継続できなかったことや故障を抱えていたり、インフルエンザで出場もできなかった選手もいました。結果は昨年より順位、タイムとも遠く及ばず、出場するだけで終わってしまいました。三年生が抜けたことによる層の薄さがハッキリと見え、皆の努力が必要だということを強く実感しました。

    okumusashi1

    okumusashi2大会結果http://www.city.hanno.saitama.jp/0000011324.html

    2/12に行われた八王子駅伝。前回の奥むさし駅伝は出場するだけで終わってしまいましたが、4人編成ということもあり、復調してきたメンバーも多く、一つの目標であった去年の記録を3分近く上回ることができました。何よりの収穫は待機場所、アップ、コール等初めての状況下でも上級生が下級生をサポートし、不安なく中継所に送り出せたこと。こういったチーム力の向上が今後の練習で活きてくると思います。

    hachi1大会結果http://www.city.hachioji.tokyo.jp/event/006/p000578.html

    2/13には西部地区新人駅伝へ出場しました。連戦で疲れの見えた選手達でしたが、昨年の冬から取り組んできた連戦中のコンディション作りの経験が活きて大きな崩れも無く走ってくれました。奥むさし駅伝でつけられた大きな差でしたが、徐々に詰めることができ、選手たちにとっては少なからず自信になったと思います。春のトラックシーズンまで残りわずかの冬季トレーニング期間なので、着実な自力アップを目指し、春には大きく自己ベストを更新してもらいたいと思います。

    shibu1

    shibu2

    shibu3

    shibu4

    shibu5大会結果http://sairiku.net/xoops/

     

  • 陸上競技部2016.12.19

    板橋区民駅伝に参加しました。

     

    12月18日(日)東京都板橋区・荒川戸田橋陸上競技場をスタートする「板橋駅伝」にOP参加してきました。この駅伝の良いところは各区間が同距離でタイムがハッキリと分かることや男女混合のチームが組めることです。東野高校はまだ女子の部員が足りず、単独で駅伝に参加することができません。受験を希望している中学生の皆さん、東野高校に入学したら是非一緒に駅伝に参加しましょう!

    大会結果URL:http://itariku.org/joho.html

    *写真への映りこみ等で削除依頼の方は御連絡ください。

    img_3638

    img_3646

    img_3650

    img_3653

    img_3655

    img_3658

    img_3659

    img_3660

    img_3661

     

     

1 / 212

TOP