04-2934-5292

MENU

CLUB BLOGクラブブログ

陸上競技部

  • 陸上競技部2017.11.04

    第68回埼玉高校駅伝男子・女子

    11月1日、熊谷陸上競技場を出発・中継所として埼玉高校駅伝が行われました。本校からは男子・女子両チームが出場し、男子は2時間25分41秒の37位。女子は1時間31分29秒で44位でした。

    当日は長く続いた雨が止み、良いコンディションでスタートしました。

    IMG_4933

    男子の部は過去最高の出場数ということもあり、スタート前は色とりどりのユニフォームが揃いました。

    IMG_4929

    一区は今年に入って大きく記録を伸ばした山内選手。以前までは長距離区間に苦手な部分が見えていましたが、夏の合宿を乗り切ってからは安定感が増し、33分11秒区間33位で襷をつなぎました。

    IMG_4915

    二区には三年生の岡本選手が走りました。前半に流れを作る作戦から、見事その役割を果たし、9分35秒区間17位と力走してチーム順位を24位まで引き上げました。

    IMG_4912

    三区には二年生の小寺選手がエントリー。去年の冬からなかなか波に乗れず、夏ごろから走れてきました。まだまだ本来の走りができておらず、28分22秒区間42位での襷リレーとなりました。

    IMG_4914

    四区には毎年安定感のある三年生を配置しており、今年は長距離区間に力を発揮する大貫選手を起用しました。大学受験と並行して競技を行い、常に努力を重ねてきました。今回の駅伝では本来の力を出すことができず、29分29秒区間54位という結果でした。

    IMG_4918[1]

    五区には短距離から種目変更でトレーニングを積んできた平岡選手が走りました。人一倍負けづ嫌いで着実に力を伸ばしてきました。この日は10分21秒区間33位と自己ベストをマークしました。

    IMG_4910[1]

    六区には今回唯一の一年生として北條選手が走りました。初めての駅伝で緊張がある中、うまく集団があったためにその流れに乗って襷をつなぐことができました。17分41秒区間45位。

    IMG_4909

    最終七区には星名選手がエントリー。最後を締めくくる走りをしてくれました。今までのトラックベストを縮め、順位も最後に二つ上げる力走をしてくれました。

    来年度は今の記録を後3分引き上げ、20位台に上がること。一人30秒。かなり高い壁ですが、全員駅伝で頑張りたいと思います。

    そして、今年度は女子も初出場しました。エースの小林選手を中心に初めて走る選手、短距離からの選手、そしてマネージャーの力も借りて襷をつなぎました。

    今回、女子の駅伝を通して感じたことは、「協力なくして陸上はできない」ということです。選手のみんなが協力し合えたからこそゴールにたどり着くことができました。来年はこのスタート地点から前進していきます。

    IMG_4922

    IMG_4923

    IMG_4924

    IMG_4916

    IMG_4917

    IMG_4927

    IMG_4926

  • 陸上競技部2017.10.17

    埼玉県新人陸上大会&埼玉県高校駅伝に向けて

    先日、埼玉県新人陸上が行われました。本校からは

    男子5000m 山内 優斗選手

    男子走高跳 村瀬 真宙選手 片山 祐樹選手

    男子走幅跳 本多 龍選手

    女子1500m 3000m 小林 萌香選手

    女子走高跳 並松 乃々葉選手

    が出場しました。初日は女子の1500mがあり、小林選手が出場しました。今まで苦手としていた1500mでしたが、終盤のペースアップにも食らいつき予選を4.52.05で通過し、初めて臨んだ決勝では予選の疲れもあったのか5.04.91という不完全燃焼。後日の3000につなげたいレースとなりました。

    また、同日には男子の走幅跳が行われました。風が巻くコンディションで助走がかみ合わず、試技は三回ともファールとなり記録なしという結果。この点は修正力を発揮して改善しなくてはこの先はなかなか見えてこない悔しい結果となりました。

    大会二日目は男子走高跳が行われました。ここまで順調な練習が詰めていた村瀬選手と怪我上がりの片山選手。前回大会からの上澄みを期待してフィールドに出ていきました。この日は片山選手が175cmから挑戦し、きれいに飛び、180cmからは村瀬選手も試技を開始。村瀬選手は危なげなく跳躍すると片山選手は調整不足か苦しい展開となりここをクリアすることができませんでした。その後も村瀬選手は185cmと188cmをクリアし、自己ベストの190cmを上回る191cmをもクリア!しかし、上位もコンディションが良く、全体5位で関東大会までには届きませんでした。

    最終日は男子の5000mと女子の3000mと走高跳が行われました。

    女子の走高跳では一年生の並松選手が跳躍をするたび、惜しいところでのミスが目立ち、あと少しの修正で自己ベストタイの150cmが見えていましたが中々壁は厚く越えられませんでした。この冬はフィジカルトレーニングにプラスしてメンタルトレーニングと技術の学習トレーニングが必要になります。

    kenshinzin3

    女子の3000mでは初日に続いて小林選手が出場。自己ベスト更新を念頭に、いかに走るかを事前にプランニングしてスタートしました。ポイントは前半の入り。1000に行くまでの200、400、800のラップタイム。ここでの無理が後半に響かぬよう、単独になる不安を抱えながらも淡々と走りました。1000過ぎからはプラン通り順位を上げ、自己ベストの10.21.22でゴール。欲を言えば中間走での単独時間がなければもう少しタイムは伸びていたかと思います。

    kenshinzin1

    男子の5000mはこの夏に急成長した山内選手が出場。組の前半は14分中盤の力あるランナーがおり、ここも前半の入りに注意してのレースをしました。練習+気持ちの大切さを学んでの姿勢で、レースの動き、前との差を着実に見極め、自身のレースを貫きました。こちらも中間では引っ張る形となり、目標がない苦しい中盤でしたが追ってリズムを作り、駅伝でも必要な単独走中の経験することができました。結果は支部の15.45からは少し遅れましたが15.53.63でのゴールでした。

    kenshinzin2

    大会結果の詳細はこちらから

    http://sairiku.net/xoops/modules/pico/index.php?content_id=1245

    今後はいよいよ長距離ブロックの総決算である埼玉県高校駅伝。今年はついに女子チームも初の参加をします。まだまだ未知数の部分が多いものの、精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。

  • 陸上競技部2017.08.28

    入間市スポーツ体験に参加してきました。

    世界陸上の感動がまだ強く残るこの夏休みに、入間市スポーツ推進課様が進められていた企画として「陸上競技体験教室」が入間市陸上競技場にて開かれました。陸上競技の短距離を楽しく学ぶということを念頭に、小学1年生から中学2年生まで幅広い世代の子ども達と東野高校の陸上部が一緒になって参加しました。

    基本的な「早く走るためには?」というフリップからそのための練習に至るまで、いろいろな基本動作やハードルを使って一緒に練習しました。最大定員50名に対してそれを上回る応募があったとのことで、選手たちも緊張しながらもいろいろと準備をしてきました。(*写真の写りこみ等で削除を希望される方は学校までご連絡ください)

    taiken2

    小学生の低学年には体の使い方を中心に高校生がサポートに付きながらの指導をしました。

    taiken3

    小学生の高学年から中学生は実践的なハードルドリルも取り入れて動き出しのトレーニング。

    taiken4

    様々なドリルトレーニング後は皆が大好きな50mのタイムトライアル!「緊張を味方に」「一つのことに集中」「最後まで駆け抜ける」をテーマに頑張っていました。

    taiken5

    中学生グループには高校生が練習パートナーとなって一緒に走りました。是非、東野高校で一緒に練習しましょう!

    taiken1

    練習後には「修了証」を手渡して頑張りをみんなで労いました。また、皆さんと一緒に練習できることを楽しみにしています。ありがとうございました。

     

  • 陸上競技部2017.08.07

    陸上競技部&女子サッカー部合宿最終日

    7/31から始まった合同合宿もいよいよ最終日。最後の最後まで自分の限界に挑戦する高校生達が妙高高原の大地で熱い汗を流しました。

    この日のメニューは短距離が走力練習、長距離が坂走を行いました。

    gasyuku43

    その後は全選手が集合して互いの頑張りを称え合いました。その時の合言葉は

    「Before!After!!」

    この言葉の意味は「練習前と、練習後」という意味。選手たちはまだその意味を理解しておらず。小島先生より新たなメニューが追加されました。それは「短距離VS長距離リレー」です。

    gasyukuA

    最後の練習メニューを言い渡される前の活き活きとした笑顔の部員。その後、最終メニューが始まります。

    gasyku41

    gasyku42

    みんな一生懸命自分の走りでつなぎます。

    gasyuku44

    やさしい小島先生は生徒の分ももちろん走ってくれました。

    gasyukuB

    なんということでしょう。あれほど苦しそうだった顔が、走り終わった達成感で更に嬉しそうになりました。今後、秋の大会に向けて成果を出して欲しいと思います。「この合宿の練習だけで強くなるのではなく、この合宿で学んだことが選手を強くする」というミーティングでの言葉を忘れずに切磋琢磨して欲しいです。

     

     

     

  • 陸上競技部2017.08.04

    陸上競技部&女子サッカー部合宿3日目

    gasyuku36

    今回の合宿は東野高校女子サッカー部と宿舎合同で行いました。違う部活との共同生活は新しい刺激もあって互いに多くのことを学べました。女子サッカー部は妙高高原にある学校のグランドをお借りして技術練習やミニゲームを行い、涼しい環境の中で秋の大会に向けて良い練習が出来たと思います。

    陸上競技部は午前から妙高高原の更に上にある笹ヶ峰牧場クロスカントリーコースに行きました。気温も心地よく、短距離と長距離が同じ場所で練習を行いました。

    gasyuku32

    アップダウンが多く、短距離グループは坂走を行い、長距離グループは距離走を行いました。

    gasyku33

    gasyku34

    年々練習環境が充実し、以前は長距離グループしか利用しなかった高原も今は短距離も思う存分走ることが出来ます。

     

    gasyuku35

    最終日に向けて全員が怪我無く、充実した合宿にしてくれることを願います。

1 / 3123

TOP