04-2934-5292

MENU

BLOG校長ブログ

全ての記事

  • 2019.09.14

    東野の一週間(9月9日~9月14日)

    9月9日(月)
    ・台風15号の影響により、本日の授業は3限目からとしました。校内は大きな被害もなく、ひと安心でした。しかし、各地の被害の状況を知るにつけ、今後もふえるだろう自然災害への対応を苦慮してしまいます。
    ・早目に登校できた生徒は、天声人語の書き取りをしたりもしました。「平和について考える」そんな内容でした。

    9月10日(火)
    ・「残暑が厳しい」そんな言い回しでは表現できないほどの暑い日でした。熱中症にかからないか心配になります。生徒たちにとっては2学期始まったばかりですが、踏ん張り時でもあります。

    9月11日(水)
    ・「ゲリラ豪雨」に襲われました。下校のスクールバスの発車時刻を遅らせ雨が小降りになるのを待ちました。想像を超えた降り方でした。冷静な判断と強固な協力体制が必要ですが、今回はそれがある程度スムーズに発揮されたと思われます。

    9月12日(木)
    ・カナダ修学旅行の事前学習として、ブリティッシュ・コロンビア州政府事務所の方に講演していただきました。生徒たちは、少しづつですが、確実に、カナダ修学旅行に向けてテンションが上がってきているようでした。

    9月13日(金)
    ・文化祭準備日。暑さもひと段落し、準備には最適な気候の一日でした。今年は校内入口の装飾も生徒たちの力だけで作り上げると、自ら宣言し、宣言通りに出来上がりました。
    文化祭(盈華祭)へお越しいただき、まずは入口門をくぐって下さい。なんだか、凛とした気持ちになるような気がいたします

    9月14日(土)
    ・35回文化祭(盈華祭)が始まりました。今年のテーマは「東野万博~一人一人の輝く未来~」です。
    ・生徒たちの未来が輝くものとなるためには、この文化祭の成功が土台のひとつとなるだろうとお話しさせていただきました。何が成功かは難しいですが、「成功です」と宣言したくなる文化祭1日目でした。
    ・2日目も、よろしくお願いいたします。

    では、失礼いたします。

  • 2019.09.07

    東野の一週間(9月2日~9月7日)

    9月2日(月)
    ・ホームページも一新され、ブログも再開しようと思います。
    ・今日から2学期、世の中的には、学校に行きたくない生徒たちが増えるときと言われていますが、本校は、そのようなこともほとんどなくスタートしました。
    ・1,2年生は模試。3年生は平常授業です。始業式は明日です。

    9月3日(火)
    ・2学期始業式、「続けることの大事さ」についてお話しさせていただきました。私自身も続けることの難しさを痛感しております。
    ・狭山市民会館での芸術鑑賞会。今年度は「東京室内管弦楽団」の演奏を聴きました。『鳥肌が立つほど感動した』ある生徒がそう言っておりました。本物の持つ力強さに圧倒された感動が、2学期の活力となることは間違いなさそうです。

    9月4日(水)
    ・この夏休み中には、大規模な校内教育環境整備を行ってきました。理科室・家庭科室が生まれ変わりました。青を基調にした理科室とオレンジを基調にした家庭科室は、木造校舎の中で、心地よい主張をしているようです。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

    9月4日(木)
    ・夏休みに行われた、「オーストラリア語学研修」と「フィリピンセブ島語学研修」の生徒による報告会がありました。英語で報告するその姿には誇らしさも垣間見られて、嬉しくなりました。あとは、プレゼン力をもっと磨きましょう。挑戦は次々やってきます。

    9月5日(金)
    ・テニスコートの環境整備も大詰めを迎えました。今日の天気に人工芝のグリーンが見事なほど映えます。テニス部の生徒が「ありがとうございます」と声をかけてくれました。感謝の気持ちが、テニスコートに滲みることでしょう。

    9月6日(土)
    ・台風が迫っていることは心配ですが、とりあえず2学期初めの一週間が無事に終えそうです。ありがたい限りです。
    ・一週間後の文化祭の準備に追われる土曜の午後です。

    では、失礼いたします。

  • 2019.01.26

    東野の一週間(1月21日~1月26日)

    1月21日(月)
    ・センター試験が終了し、それぞれがリサーチに入りました。
    ・明日から本校は3日間2019年度入試となります。そのため在校生は、自宅学習とさせていただきます。
    時間どのように自己管理するか、大切な使い方をしてほしいと思います。

    1月22日(火)~24日(水)
    ・2019年度入試
    ・3日間で2千名を超える方々に受験いただきました。

    1月25日(金)
    ・NZ留学へ、明日1年生3名が出発です。半年間の留学生活で何をつかみ取ってくるでしょうか。大いなる期待をしてしまいます。プレッシャーを感じることはありませんが。
    ・日本女子大3年に在学中の卒業生と昨年短大を卒業し社会人1年生として仕事をしている卒業生が本校を訪ねてくれました。本校を卒業してそろそろ3年が過ぎますが、ますますたくましく輝いている姿をうれしく思いました。二人に共通していることは、大変言葉遣いがきれいであること。「品行は最高の美」いいね。

    1月26日(土)
    ・大雪注意報が出ている地域もありますが、ここ入間は穏やかな時間が流れています。
    ・「若者は大人扱いされることによって自らも大人になろうと努力し実際に大人になっていく」と。3年生は、あと一か月ほどで卒業です。大人扱いの年齢なのでしょうね。

    では失礼いたします。

  • 2019.01.19

    東野の一週間(1月14日~1月19日)

    1月14日(月)
    ・成人の日
    ・毎年年度末発行の生徒会誌には教職員へのアンケートのページがあります。今年度のお題には悩まされました。いつもなら、「好きな時間は?」「将来なりたかった職業は?」など比較的応えやすい質問でしたが、今年度は「動物に例えると何ですか?」困りました。

    1月15日(火)
    ・センター試験まであとわずか。今までやってきたことを信じて臨むのみでも、不安が押し寄せたりします。やればやるほど不安になったり。受験生は大変だけれど、あまりにもまっすぐな思いで臨める時は羨ましくもあります。

    1月16日(水)
    おかげさまで いい言葉ですね。
     おかげさまでの繰り返しで、今があるように思うと心が安らかになります。

    1月17日(木)
    ・阪神淡路大震災から24年。当時、どうしてもボランティアに行かせてほしいと申し出た教員がおりました。そんなことを、ふと思い出しました。
    ・3月に実施される1年合唱祭の曲目が発表になりました。校内に歌声が響くと思うと、うれしさがこみ上げてきます。

    1月18日(金)
    ・本日で出願締め切りです。多くの方に出願いただきありがとうございます。
    ・生物部の3年生の生徒が訪ねてくれました。その生徒は、本校の池そして生物部に出会ったことによって、大学で自然環境について学びたいと考え、すでに指定校で大学への進路を決定しています。卒業までの残りの期間、東野のため、東野の池のため、池の生き物のために、池をきれいにする手伝いができないだろうかと。いいね。

    1月19日(土)
    ・センター試験当日。祈るのみです。

    では失礼いたします。

  • 2019.01.12

    東野の一週間(1月7日~1月12日)

    1月7日(月)
    新年あけましておめでとうございます。
    ・新年にあたり、先生方には「変化のスピードにどう対応していくかが課題でしょう」とお話しさせていただきました。
    ・いずれにしても2019年も穏やかに迎えることができました。本年もよろしくお願いいたします。

    1月8日(火)
    ・3学期始業式
    ・平成で迎える最後の新年です。4ヵ月後には新しい元号が始まります。その時代は君たちが創っていく時代となるでしょう。そのための力を確実に蓄えましょう、とお話しさせていただきました。

    1月9日(水)
    ・本校2019年度入試の出願が始まっています。1月23日(併願受験日)の受験に対して途中で締め切らせていただけねばならないほどの、出願をいただきました。
    ・また、大学入試センター試験まで10日と迫り、校内は緊迫した空気が流れています。

    1月10日(木)
    ・インフルエンザでの欠席生徒が少し出てきました。ただ、本校は教室それぞれが独立した造りになっているためからか、流行し学級閉鎖になるようなことはまずありません。そのことに安心するのではなく用心に越したことはありませんので、注意喚起です。

    1月11日(金)
    挨拶は大事です。今朝も、『おはよう』と言ったら『おはようございます。今日は特に寒いですね』と返していただきました。特に寒い朝、心はなんだか温かい感じになりました。いいね。

    1月12日(土)
    ・夕方からになるかもしれないとの予報もあります。週末、気を付けてお過ごしください。

    では失礼いたします。

  • 2018.12.27

    東野の年末

    2018年も終わろうとしていますが、
    校内には、12月27日も冬期講習・部活動などで登校した生徒の声が響いていました。
    学校は、年度切り替えですので振り返るにはまだ早いようです。
    ただ、ここまで順調であったとご報告は出来ることに、感謝申し上げます。

    どうぞ、良いお年をお迎えください
    2019年も、よろしくお願いいたします。

    では失礼いたします。

  • 2018.12.23

    東野の一週間(12月17日~12月23日)

    12月17日(月)
    ・2学期成績会議、教員にとっても最も緊張する会議のひとつです。

    12月18日(火)
    ・カナダ中期留学から帰国した2年生17名が登校し、まとめをしています。何かを得たことは確かですが、その何かがわかるのには個人差があるのでしょう。
    ・中期留学参加の生徒がカナダのお土産を持って校長室を訪ねてくれました。出発前から様々に悩み多き生徒だったので、その事に心を寄せられる安定状態であったことが何より嬉しく思いました。

    12月19日(水)
    ・入間市内で働いている卒業生が、福島とつながるイベントを本校と一緒にできないかとの提案をもって訪ねてくれました。いいね。
    変化していく東野が誇りですと。一週間前にもほかの卒業生がそう言ってくれていました。

    12月20日(木)
    ・カナダ修学旅行時、現地でホームステイ等のお世話をいただいている、メイさんが一時帰国され本校を訪ねてくださいました。「あの子たちがどのような環境で日々学んでいるのか見てみたかった」と。いかがでしたでしょうか?引き続きお世話になります。

    12月21日(金)
    ・終業式に向けてクラス通信が発行されています。担任としての思いが綴られています。

    12月22日(土)
    ・2学期終業式
    ・建学の精神と脳を開発するための4つの要件についてお話しさせていただきました。
    4つの要件とは 
    1、目標を持つ・2、プラス思考である・3、感謝の気持ちを持つ・4、愚痴を言わない
    出来そうでしょう? 出来ます。
    ・カナダ中期留学を終えた生徒の報告です。
    「向上心が芽生えた。もう泣いている私はここにはいない」と。
    いいね。

    12月23日(日)
    ・受験対策講座・個別相談会を実施いたしました。

    では失礼いたします。

  • 2018.12.15

    東野の一週間(12月10日~12月15日)

    12月10日(月)
    ・入間丸広で、個別相談会をさせていただきました。12月(師走)。

    12月11日(火)
    ・20年前の卒業生から突然便りが届きました。
    「HPを拝見しました。時代の変化に適応した人材育成に取り組まれていることに誇らしさを覚えました。
     職場に息子さんが2年前に東野を卒業された方がいて、昨日初めてその方に自分が卒業生であることを伝えました。『池があり校舎のつくりには驚いたよ、生徒はしっかり挨拶もするし、いい学校だと思っているし感謝している』と言ってくれたことに涙が出そうになりました。私自身が、社会人として生活するうえでも必要な教養を身に付けさせていただいたことに対する感謝の気持ちをお伝えしたく手紙を書かせていただきました。」
    こちらが、涙が出そうになりました。

    12月12日(水)
    ・大学合格を決めた3年生が報告に来てくれました。入学当初から印象に残っている生徒なので、喜びもひとしおです。「人は変われる」そのことをはっきりと示せた生徒です。その成長を一番身近で見守った担任が、この時も生徒の傍らに寄り添っていました。『教員も生徒によって成長させられる』、そんないい関係性が確立されていることにも喜びです。先生、教員冥利に尽きますね。

    12月13日(木)
    ・1,2年生が勉強合宿に出かけ、1日目が終了し報告がありました。「消灯時間は12時ですが、もっと勉強したいとの声が多く、初日なので1時間だけ延長しました」と。『そだねー』

    12月14日(金)
    ・本校から見える富士山が今日は一段ときれいです。
    ・日本管楽合奏コンテスト全国大会で最優秀賞を獲得した本校吹奏楽部に対する講評が、音楽雑誌に掲載されました。「すべての表現に必然性を感じる素晴らしい演奏でした。朝一からいきなり魅了されました」と。いいね。
    ・カナダ中期留学生徒17名無事帰国。
    ・立川、上北台での個別相談会にお越しいただき、ありがとうございました。

    12月15日(土)
    ・勉強合宿からそろそろ帰校です。「やる気あふれる生徒たちの熱は最後まで衰えませんでした」と報告がありました。
    ・3年生は最後の保護者会を行わせていただきました。最後まであきらめずに一緒に見守らせていただきます。

    では失礼いたします。

  • 2018.12.09

    東野の一週間(12月3日~12月9日)

    12月3日(月)
    ・AO入試の合否も出始め、その入試で合格した生徒のお父様が学校まで報告に来てくださいました。あまりのうれしさと感謝の気持ちでとのこと。お父様の愛が合格を引き寄せましたね、きっと。

    12月4日(火)
    ・今日から2学期期末考査。3年生は高校生活最後の定期考査となります。そんな感慨に浸っていることもありませんね。

    12月5日(水)
    ・ある大学の先生と少しお話しする機会がありました。お話ししながら思うことは、世の中の変化にどう対応していくかが大事ではないかと。井の中の蛙ではどうにもなりません。
    ・12月とは思えない暖かな日でした。

    12月6日(木)
    ・学校修理計画については、独特の建物のメンテナンスはなかなか大変です。環境が生徒に与える影響は大きいので、この環境を維持していくことは必須です。
    ・そういえば、池の水もだいぶ減っている今は、池をきれいにするチャンスかもしれません。

    12月7日(金)
    ・小平で個別相談会を開催させていただきました。多くの方にお越しいただきありがとうございました。受験校として、そして通いたい高校として認知していただけたら幸いです。

    12月8日(土)
    ・大学進学を迷っていた女子生徒が大学への合格を決めました。3年間やり続けた部活動から学んだ粘り強さがひとつの勝因かとも考えられます。

    12月9日(日)
    ・今年度最後の学校説明会には、1,000人を超える方々に来校いただきました。本当にありがとうございました。

    では失礼いたします。

  • 2018.12.02

    東野の一週間(11月26日~12月1日)

    11月25日(日)
    ・学校と川越で、個別相談会を実施させていただきました。

    11月26日(月)
    ・ある3年生男子生徒が校長室を訪ねてくれました。「教室前でプランターを使い野菜を育てています。今はほうれん草の収穫期です。ここで野菜を育てるようになったら、休みの日も心配で水をあげるために学校に来ています」そんなことをしていること、HPに掲載してくださいと。
    ・自分以外の誰かのため、何かのために自分の力が必要とされる事が大事だと思います。

    11月27日(火)
    ・カナダ中期留学に参加中の2年生17名、現地の生活にも慣れて充実の時を過ごしているようです。頼もしいです。

    11月29日(木)
    ・教員は『生徒のために』と思って働けないとつまらない仕事になってしまうかもしれないのに。そんなことをあまりにもきれいな空を見ながら思いました。

    11月30日(金)
    ・期末考査が近づいています。職員室周りは、質問する生徒たちで大変なことになっています。

    12月1日(土)
    ・今日から出願が開始されました。
    ・今日はこんな言葉に出会いました。「通いたい学校・通わせたい学校・勤めたい学校」本校はどうだろうか?
    課題はありますが、だからこそ進みます。

    では失礼いたします。

1 / 41234

盈進学園 東野高等学校 校長 北村 陽子

盈進学園 東野高等学校 校長

北村 陽子

年別